記事一覧

取引コスト

手

国内と海外の取引コスト

fxの取引において取引コストとなるものがスプレッドです。国内fx業者と海外fx業者でどれくらいスプレッドに違いがあるのかについて説明していきます。まずは、国内fx業者のスプレッドについてですが、ドル円をベースで0.3銭から1銭の間です。次に海外fx業者のスプレッドについてですが、ドル円ベースで1銭以上の業者がほとんどです。なぜ、取引コストに国内fx業者と海外fx業者で差が生じてしまうのかについてですが、それは国内fx業者は、「固定スプレッド」を採用しているのに対して、海外fx業者は、「変動スプレッド」を採用している業者がほとんどになります。採用方式の違いがどのように取引コストに関係してくるのかのカラクリについては、国内fx業者は、基本的には、相対取引(ノミ取引)を行っているため、「固定スプレッド(原則固定)」が実現できているのです。※原則固定については急激な相場の変動の際は、カバー取引を行うかもしれないから、スプレッドが大きく変動する可能性があることを排除しないためです。しかし、海外fx業者のほとんどは、NDD取引(ノン・ディーラー・デスク)を採用しているため、変動スプレッドになるのです。NDD取引のスプレッドは、複数のインターバンクが提示したレートの中から最良のレートが選択され、表示されるため変動となるのです。これが、国内fx業者と海外fx業者の取引コストの違いが発生する原因です。ここまでの話では海外fx業者と国内fx業者どちらのほうが良いのかについてわからないかと思われますが、どちらの方式についても長所・短所があるためどちらのほうが得であるのかは、断言することはできないです。ただ、相場を見て動きが少ないときは、国内fx業者を使用し、相場の変動が激しい際は海外fx業者を使用する等の使い分けをするのが一番最良な選択肢です。

Copyright© 2018 海外fxのプレッドをチェック【安定性を求めよう】 All Rights Reserved.