記事一覧

スプレッドから選ぶ

お金

狭い方がいいのか

FX口座開設する業者を選ぶ際には、デイトレードやスキャルピングで取引する人にとってスプレッドの狭さは重要です。その狭さが、業者の手数料収入になりますので、取引する側にとってみれば取引の回数を積み重ねれば積み重ねるほど年間通しての収支に大きくかかわってくるからです。日本国内の業者であれば、スプレッドは原則固定されています。FOMCや雇用統計など重要な経済指標発表時には大きく開いてしまうこともありますが、原則固定されています。海外fxで口座開設する際も日本国内業者と同様にスプレッドは狭い方がいいのと思いますが、海外fx業者の多くは変動スプレッドを採用しています。つまり、時間帯によ手買値と売値の差は常に違うのです。スプレッドが狭い業者を選ぶために今現在の売値と買値の差を比較しても意味がないのです。海外fx業者の中には、最小、最大、平均のスプレッドを表示している業者があります。最小で比較をしても一番狭い瞬間は一瞬でしかないため、そこを基準にしても意味がないです。最大で比較をすることは、最小と同様に一瞬なのでこれを比較してもあまり意味がないですので、平均スプレッドの狭さで海外fx業者を比較します。平均を見て比較をすることは重要なのですが、その平均をとっている時間です。24時間でとっていることが多く、指標が発表される日と何もない日とでは当然スプレッドの差に違いがあります。どの程度の測定期間でのものなのかも確認が必要です。

Copyright© 2018 海外fxのプレッドをチェック【安定性を求めよう】 All Rights Reserved.