記事一覧

負担の少ない取引を

グラフ

効率を良くするために

ファイナンスとして海外fxを始める上で、必ず頭に入れておかなければならないことが、スプレッドです。スプレッドとは、売値と買値との間にある金額差のことです。たとえば1ドルが100円で、1ドルあたりのスプレッドが1銭という場合、1ドルを買う時は100円プラス0.5銭を支払うことになります。逆に1ドルを売る時には、100円マイナス0.5銭が手に入ることになるのです。したがってスプレッドが広ければ広いほど、買値は本来の価格よりも高く、売値は安くなると言えます。そして海外fxでは、このスプレッドが国内fxよりも広めに設定されています。つまり、それだけ取引における金銭的な負担が大きいということです。その分海外fxでは、資金の数百倍ものレバレッジで取引ができるというメリットがあります。レバレッジの倍数分だけ利益が増えるので、スプレッドが広くても効率の良いファイナンスができます。しかしスプレッドが狭ければ、その効率は一層アップします。そのため海外fxは、スプレッドを確認しながら進めていく必要があるわけです。また、海外fx業者の中には、スプレッド縮小キャンペーンを実施しているところもあります。普段は広くても、キャンペーン期間中にはグッと狭くなり、負担の少ない取引が可能となるのです。そのため海外fxでは、普段のスプレッドだけでなくキャンペーンの内容や実施のペースなども考慮しながら、取引業者や時期を選ぶことも肝心とされています。

Copyright© 2018 海外fxのプレッドをチェック【安定性を求めよう】 All Rights Reserved.